生酵素サプリ おすすめ

酵素サプリは非加熱がいい!生酵素との違いとは?

投稿日:

酵素ダイエットが、芸能人や有名モデルの間で流行り、ダイエットをする人たちの間で今ブームがきています。

酵素を補給するサプリとして、酵素サプリと生酵素サプリがありますが、いったいどう違うのでしょうか?

生酵素サプリは非加熱処理

酵素が世間的に広まっているなか、大型の薬局だけでなく、コンビニやディスカウントショップなどでもサプリが販売されるようになりました。

簡単に手に入るようになったのはいいことなのですが、正しい知識を持って商品を選ばないと、期待する効果を得ることができません。

では、酵素と生酵素はどう違うのでしょうか?

一般的なカプセルやタブレットタイプのサプリは、高温高圧状態で商品化が行われます。

コストがかかりにくく、大量生産が可能なのが特徴です。

酵素サプリはこの高温高圧処理がされたサプリで、生酵素サプリは非加熱処理が基本になります。

生酵素サプリは、手間のかかる低温カプセル製法で製造されているので、大量生産はできません。

酵素は熱に弱い

酵素サプリは、大量生産が可能でコストを削減できる分、生酵素サプリに比べて安い値段で販売されています。

しかし、生酵素サプリが生の酵素にこだわっているのには理由があります。

酵素は熱に弱いという性質があり、多くの酵素は48度以上の高温になると失活してしまい、酵素としての働きを失ってしまうのです。

酵素はタンパク質なので、加熱によって固まってしまうということですね。

消化を助ける酵素の働きは、生の状態でこそ真の効果を発揮します。

酵素が持つパワーは、消化を助ける以外にも、腸内環境改善、便秘解消、基礎代謝の向上、免疫力アップなど多岐にわたります。

生酵素サプリは熱に弱い酵素の特性をよく理解している製造元が作っており、生きたままの酵素を体内に摂り入れることができます。

酵素サプリの値段の安さは魅力的ですが、毎日飲むサプリですので、効果がより期待できる生酵素サプリを選ぶことをおすすめします。

-生酵素の基礎知識

Copyright© 【生酵素サプリのおすすめは?】効果の口コミとダイエットのやり方まとめ , 2018 All Rights Reserved.